【比較】ブログ開設時のレンタルサーバー選び→おすすめは「mixhost」

こんにちは。ヒロユキです。

ブログの収益化」のためには、自由度の高いサイト編集ができる「WordPress」を活用している方が多いと思います。

では、レンタルサーバーはどうでしょう?「Wordpress」と相性のいいサーバー選びができていますか?

今回はたくさんあるレンタルサーバーの中から、おすすめの5つをご紹介していきます。

ブログ開設時のレンタルサーバー選び→おすすめは「mixhost」

おすすめのレンタルサーバー5社

おすすめの理由はいろいろありますが、ざっくりここだけ見ておけば良いよっていう、各社の特徴を一覧にするとこちら↓

レンタスサーバー各社比較
サーバー名/内容最安プラン
/月(1年契約)
ディスク容量
SSD
バックアップ機能
mixhost880円250G有り
エックスサーバー1000円200G有り
ロリポップ!500円150Gなし
(上位プラン有り)
ConoHa WING810円250G有り
さくらのレンタルサーバ524円100G有り
※ここで紹介させていただいている内容は一部です。各社プランによって内容は異なります
※キャンペーン期間などによって、内容が変更される場合があります。

mixhost(ミックスホスト)

表示スピード№1はダテじゃないですね。ぼくも実際使っていますがプログラムの関係上、表示が遅くなりがちの「WordPress」をカバーしてくれます。

クイックスタートというサービスが特徴で、サーバーを契約する際に独自SSL化と「Wordpress」のドメイン登録を同時に完結させてくれます。初心者のつまづきやすいところを代行してもらえるのはすごく助かります

エックスサーバー

エックスサーバーは表示スピード安定性が特徴です。開設時に3,000円の費用が掛かってしまいますが、月々の料金は36か月契約にするとぐっとお得になります。

「WordPress」の簡単登録や移行サービスもあるので相性もピカイチ。

ロリポップ!

費用面が不安ならロリポップ!他社と比較しても圧倒的に価格が安いです。必要最低限の内容で「Wordpress」の簡単登録と移行サービスもあります。

注意が必要なのは、一番安いプランでは重要なバックアップ機能はついていないこと。契約する際はバックアップ機能のあるプランをおすすめします。

ConoHa WING

ConoHa WINGの料金形態は2種類。初期費用・最低利用期間なしの気軽に始められる料金プランと、3か月以上の利用でお得な独自ドメインがセットになった「WINGパック」があります。

「WordPress」の移行代行サービスがありますが、こちらは有料です。

さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバーは、コストパフォーマンスの高さが特徴です。基本プランのSSD容量が他社に比べると少ない気がしますが、画像などを多く使わないブログ運営なら問題ない範囲だと思います。

料金設定もリーズナブル、独自SSL化やバックアップ機能「Wordpress」のクイックインストールも完備。初心者に優しい印象です。

結論、1番のおすすめは…

いろいろ特徴を説明させてもらいましたが、ぼくの今一番おすすめしたいレンタルサーバーは、
mixhostです。

公式サイトを見ていただければわかりますが、
「日本マーケティングリサーチ機構」の市場調査で
アクセス処理速度 満足度№1
表示スピード 満足度№1
アフィリエイター&ブロガー 満足度№1

の三冠に輝いている。確かな実績があります。

無料のブログサービスでも運営は可能

ここまでレンタルサーバーを紹介してきましたが、アメブロやはてなブログ、FC2ブログなどの無料のブログサービスでも、一部のアフィリエイトは可能です。

無料のブログサービスは「無料」ということが最大のメリット。

デメリットとしてはサイト自体の予期せぬ運営終了の可能性や規約による記事の削除など、無料ゆえの「縛り」が多いことですね。

ヒロユキ

サーバーレンタルは、毎月1,000円程度のランニングコストが必要になります

ですが、ぼくはその方が「絶対に収益につなげてこの費用を取り返してやる‼」って気持ちになれるので有料であることを選びました。笑

快適なブログ執筆のためには、サーバーのトラブルや記事データの消失などは絶対に避けたいですもんね。

今回の記事が、皆さんのレンタルサーバー選びのお手伝いになればうれしいです。

それではまた。ヒロユキでした。

気に入ったらシェアしてね