【始め方】30代からのプログラミング独学は遅い?学習を始める「4つの選択肢」

こんにちは。ヒロユキです。

結論から言うと、プログラミング学習を始めるに当たって、年齢は関係ないと思っています

確かにバリバリのエンジニアやプログラマーには、若い世代の人が多いイメージがありますが、それはこの数年で急成長してきた職業だからです。

なにより新しいことにチャレンジするのって、年齢に関係なくステキなことだと思いませんか?

突然ですが、あなたは「プログラミング」って聞くと何をイメージしますか?

すっごく頭がいい人が、
すっごく複雑で、
すっごく難しそうな記号を、
延々とPCに打ち込み続けている

ぼくには、そんなイメージがありました。笑

これは極端なイメージですが、あなたも「プログラミング」に対してこれに近いイメージを持っていませんか?

知ってるけど、自分とは縁のないものって感じですよね。

では、少し話を変えて、今の状況を考えてみましょう…

最近はコロナ渦で外出制限もかかり、外食産業やサービス業が大きな打撃を受けています。この半年の間にテレワークなどの新しい働き方が広まり、多くの言葉が生まれました。

生活環境の変化で、外出自粛の影響を受けにくいネット産業や宅配サービスが注目を浴びています。また広告やCMなども今では、SNSやYouTubeなどが当たり前になりました。

企業の倒産騒ぎも後を絶たない。あっという間に、今まで積み上げてきた知識や技術が通用しなくなり、新しい知識と技術が必要になる。そんな事態が実際に起こっています。

これから発展する業種で、避けては通れない知識と技術のひとつが「プログラミング」。

それを知ってもまだ、自分とは縁がないものだと思えますか?

答えは「NO」‼ですよね。

挑戦をためらって、これから10年20年何もせず時間を浪費して後悔するくらいなら、今この瞬間に気持ちを切り替えてみませんか?

何歳からでも遅くはない。行動するかどうか、決めるのはあなた自身です

30代からのプログラミング独学は遅い?
学習を始める「4つの選択肢」

一口に「プログラミング」といっても、その種類や活用方法は様々です。

企業のIT部門で活躍するための技術や、フリーエンジニアとして必要な技術、自身や企業のサイトをつくるためのWebデザインの技術などなど。

今回は、プログラミング学習の始め方についての記事なんですが…
何を隠そう、ぼくも初心者です。笑

初心者が何をエラそうに…なんてご指摘には返す言葉もございませんが、ぼく自身も色々な方法を試して勉強中なので、参考までに聞いてください。笑

プログラミング学習 4つの方法

学習の始め方にも色んな方法があります。プログラミング初学者が一歩目を踏み出す方法を4つ紹介します。

  • プログラミング学習の書籍
  • プログラミング学習サイト
  • プログラミングスクール
  • プログラマーの知人から教わる(企業に飛び込む)

それでは、一つずつメリットとデメリットを紹介していきます。

プログラミング学習の書籍

「初めての〇〇」とか「プログラミングの基礎」という、いわゆる教科書を購入して勉強する方法。

メリット
  • 自身のタイミングとペースで学習を進められる。
  • 書籍は種類が多く、得られる知識の幅も多い
  • 書籍を買うだけなので、比較的安価。(購入の冊数にもよる)
デメリット
  • 自由すぎるので、鉄の意志がなければ挫折してしまう。
  • 書籍は種類が多すぎて、知識がないうちは何から始めればいいかわからない。
  • インプットに偏ってしまい、アウトプットにつながらない。
  • 疑問が生まれても解決方法が見いだせない。
ヒロユキ

ぼくが一番初めに取り組んだのはこの方法でした。ですが、どの書籍もやはり基礎知識ありきの内容になっていることが多いです。文面が難しい上に、学習ペースが自由なので挫折してしまう恐れがあります。

プログラミング学習サイト

ドットインストール」や「プロゲート」などの学習サイトで勉強する方法。
動画視聴やゲーム感覚で学習できるのが特徴。

メリット
  • 教材の量や質のわりには、結構安価。
  • 自分のタイミングやペースで続けられる。
  • 質問回答も一部あり、学習が進捗管理されていてやる気につながる。
  • 一部無料教材あり、ゲーム感覚で続けやすい。
デメリット
  • 自分のペースなので学習計画が必要。
  • わかる内容を反復しがちで分かったつもりになる。
  • 応用を忘れて、ノウハウコレクターになる恐れあり。
ヒロユキ

学習サイトは、オススメの学習方法です。何の知識もない初心者が最初の一歩を踏み出すには最適だと思います。プログラミングの環境作りなどの基礎は無料教材になっているので、お試しで始める際にもgood‼

プログラミングスクール

近所のプログラミングスクールに通ったり、ネットのプログラミングスクールに参加する方法。

メリット
  • 比較的高価な学費をかけているので挫折しづらい。
  • 卒業後の就職活動などのサポートがある。
  • わからないことをその場で質問できる。
  • 同じ学友が作れる。
デメリット
  • 学費が高い。
  • 仕事や育児の合間だと、受講のタイミングが難しい。
  • 人とのコミュニケーションなどは多め。
ヒロユキ

一番のネックは学費ですね。カリキュラムはしっかりしているし、卒業後のサポートもあって至れり尽くせりですが、その分の費用はかさみます。

固い決意がある方にはおすすめですが、まだ迷いがあるうちは、一旦ほかの勉強方法を試してみるのもいいと思います。

知人のプログラマーから教わる(企業に飛び込む)

ここだけちょっと特殊です。

だって、「そんな知人がいたら悩んでねーよ」って思いますよね。笑

けど、今はいなくてもいいんです。これから作っていければ。

今はSNSなどでいくらでも、その道のプロと知り合えるチャンスがあります。

あなたと同じように、独学から初めてフリーエンジニアになった方もたくさんいます。

そんな方々は、同じ境遇のあなたの相談を聞いてくれると思いますよ。
もちろんしつこく連絡するのはNGですが。

ヒロユキ

「仲間」がいれば、モチベーションも上がりますよね。学習を始めた際は、SNSなどで同じ境遇の「仲間」を探してみてください。

まずは「一歩」踏み出しましょう

ここまでに紹介した内容は、プログラミング始学者が初めの一歩を踏み出すための学習方法です。

どれかひとつを初めてみてもいいですし、組み合わせても効果的だと思います。お試しあれ。

今回の記事が、あなたが一歩を踏み出すためのお手伝いになれば、うれしいです。

それではまた。ヒロユキでした。

気に入ったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です