【サブスク】マスクの価格高騰再び?コロナ拡大に備えるサブスク活用。

こんにちは。ヒロユキです。

毎月のマスク代ってバカになりませんよね?

コロナ第一波の時期、マスク不足による価格の高騰は記憶に新しいと思います。

最もマスクの価格が高かったのは、2020年4月24日時点の 枚/57円
(マスクの通販最安値:在庫速報.com (zaikosokuho.com)

現在2020年11月時点では、マスクの相場は 枚/24円程になり
感染者数の減少に合わせて価格も落ち着いてきました。

しかし、今日もニュースを見ていると
新たに全国で2592人の新型コロナウイルス感染者が報告されています。

連日、過去最多を更新していて、2千人超えは4日連続。(2020年11月22日時点)
東京で539人、大阪で415人、埼玉で173人、兵庫で150人など7都府県で最多を更新したそうです。
国内の感染者はクルーズ船ダイヤモンド・プリンセスの乗客乗員を含めると、計13万1565人

死者は計1994人。もう、異常な数字ですよね…。

毎日ニュースに取り上げられるコロナ拡大に、不安を感じている方は多いと思います。

ぼくも2人の子供の父親として、この異常な環境に不安を感じています。

外出は極力控えて、頻繁な手洗いうがい、アルコール消毒、マスク着用など。感染予防対策に気をつけていても、一番心配なのは「マスクの価格高騰」。

このまま感染拡大が続くと、いつまたこの時の状態に戻るか、またはそれ以上になるのか、わかりません。

今や外出をする際にはマスクの着用が常識になっていますし、手元にマスクがない場合やうっかり付け忘れて外出してしまったら、周囲の視線や対応がかなり厳しいですよね。

マスクの価格高騰再び?コロナ拡大に備えるサブスク活用

こんな状況なので、今のうちにマスクをより安く購入しておきたくて、色々と調べていたら面白いものを見つけました。

マスクのサブスクリプション」です。

マスクのサブスク誕生 ←リンクはこちら

サブスクリプションのこと知ってますか?

「サブスクリプション方式」
サブスクリプション方式(サブスクリプションほうしき)はビジネスモデルの1つ。商品ごとに購入金額を支払うのではなく一定期間の利用権として料金を支払う方式。契約期間中は定められた商品を自由に利用できるが期間がすぎれば利用できなくなるのが一般的である。コンピュータのソフトウェアの利用形態として採用されることも多い。「サブスク」とも略される。

※出典 ウィキペディア

アプリなどではよく見かけるようになったこのサービスなんですが、マスクのサブスクリプションとは何なんだろう?

この先注目されるサービスとして、各種メディアでも掲載されていました。

詳しく調べてみると
登録すると毎月定額で希望する枚数を自宅へ届けてくれるサービスとのこと
しかも送料無料‼

買い忘れ防止や、できるだけ外出したくない今の状況にはベストなサービスですよね。
価格は、枚/22円(税込み)

今、ドラッグストアなどで見かけるマスクが50枚入り1,280円とかなんで、枚/24円ほど。
これが、この先値上がりするかと思うと…。

なにより生活必需品だし
急なマスク不足の事態でも確実に入手できるという安心感がうれしいですよね。
あとで後悔するよりはいいので、ぼくは家族4人分で配送60日サイクルの200枚注文しました。

まだまだ終わりが見えないコロナの影響…

あなたもご自身や家族のために、できる限りの対策をお願いします。
一緒にこの異常事態を乗り越えましょう。

それではまた。ヒロユキでした。

気に入ったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です