【報告】「Googleアドセンス」審査通過しました!!状況報告します。

こんにちは。ヒロユキです。

昨日「Googleアドセンス」の審査通過しました!

二回目の申請で通ることができたので、運が良かっただけなのかもしれませんが…。

アドセンスの通過を目指している方向けに、参考資料として通過時の情報を報告しておこうと思います。

後半では、記事の品質向上に役立つ「便利ツール」をご紹介します。

「Googleアドセンス」審査通過しました!!状況報告します。

アドセンスの通過基準については、Googleから具体的な指標が明示されていません。

なので、様々な情報が飛び交っていますし、今のぼくと同じ状態にサイトを構築しても通過するという保証はありませんので、予めご了承ください。

あくまで、参考として見てくださいね。

「Googleアドセンスって何?」って方は、コチラの記事で解説しています。↓

アドセンス通過時のサイト状況

2020年12月12日時点でのサイトの状況はこんな感じでした。↓

  • サイト開設1ヶ月(新規ドメイン)
  • 公開記事数⇒ 19記事
  • プロフィール⇒ 固定ページあり
  • 免責事項⇒ 固定ページあり
  • お問い合わせフォーム⇒ 固定ページあり
  • カテゴリーページ⇒ 4種類
  • リンクエラー⇒ なし
  • 外部リンク(被リンク)⇒ なし
  • Twitter連携⇒ あり
  • 記事検索窓⇒ トップページにあり
  • 記事タグ検索⇒ トップページにあり
  • 過去記事⇒ トップページにあり
  • おすすめ記事⇒ トップページにあり
  • アフィリエイトリンク⇒ あり(一部記事ページのみ)
  • reCAPTCHA⇒ 導入済み

一度目の申請で落ちたときは

サイトの品質が低い

画像が大きすぎる」の2点を指摘する通知が来ました。

画像に関しては、プラグインで解決したんですが「品質が低い」とは…。文面だけ見るとちょっと傷つきますよね。笑

アドセンス通過の条件で、よく聞く内容は
記事数は5記事以上
1記事1500文字以上
アフィリリンクは入れない
お問い合わせ、プロフィールは必須
…などなど。

初めての申請時点ではすべてクリアできていたはずなのに…。

と思って、もう一度色々調べました。

そして、有名ブロガーの「ヒトデさん」が自身のYou Tubeで「免責事項」について話されていたのを思い出して早速取り入れてみると…

通過できました。

ヒロユキ

ちなみに通過した時、ぼくの記事内にはアフィリリンクが存在していたので、本当の通過基準は謎に包まれていますね。笑

うわさの「通過基準」達成に役立つツールをご紹介

記事の品質向上のために、色々としなくちゃいけないことがありますが、すべて手動でやろうと思っても対処しきれません…。

なので今回は、記事の品質向上に役立つ「便利ツール」をご紹介します。↓

記事の文字数をカウント/かんたん文字数カウント

記事の品質において、文字数が1500文字以上は必要だとか、3000文字が基準だとか色々な話を聞きます。

けど、一文字ずつ「いち…にぃ…さん…。」なんて数えてる暇はないですよね。

記事の文字数を知るには「かんたん文字数カウント」がおすすめです。

かんたん文字数カウント」はGoogle Chromeの拡張機能です。

使い方は以下の手順↓

①Google Chromeの「アプリ」を選択します。

②「アプリ」画面の「ウェブストア」を選択します。

③「ウェブストア」の検索窓に「かんたん文字カウント」と入力して、検索します。

④検索結果に「かんたん文字数カウント」が出てくるので、これを選択します。

⑤画面右上の「Chromeに追加」を選択。確認画面が出てくるので拡張に追加してください。

これで準備完了。

あとは、Chrome画面内で数えたい文字を範囲選択して、右クリック。

メニューに「選択したテキストの文字数をカウント」が表示されるので、こちらを使うとカウントされた文字数が表示されます。

画像のサイズを自動で最適化/EWWW Image Optimizer

記事数が増えてくると、サイト内の画像も増えます。
用意した画像をそのままアップロードし続けると、サイトの読み込み速度が遅くなって、読者のイライラの原因に…

そんな画像の問題は「WordPress」のプラグイン「EWWW Image Optimizer」で解決します。

手順は以下の通り。↓

①WordPressの左メニューからプラグイン⇒新規追加
検索窓で「EWWW Image Optimizer」と検索

②検索結果に出てきた「EWWW Image Optimizer」を
インストール⇒有効化

設定などは不要です。有効化すると自動で画像の圧縮などを行ってくれます。

お問い合わせフォームの設置/Contact Form 7

「お問い合わせフォーム」は、読者や広告主などからの唯一の連絡手段です。

連絡が取れないことでトラブルにならないよう、必ず設置しておきましょう。

手順は以下の通り。↓

①WordPressの左メニューからプラグイン⇒新規追加
検索窓で「Contact Form 7」と検索

②検索結果に出てきた「Contact Form 7」を
インストール⇒有効化

③次に「WordPress」の左メニューにある「お問い合わせ」⇒「コンタクトフォーム」に進み、「コンタクトフォーム1」を開きます。

画面上部にある「ショートコード」をコピーします。

最後に、コピーした「ショートコード」を
新しい固定ページに貼り付けると完成です。

このサイトの「お問い合わせ」です。参考にどうぞ。↓

免責事項のテンプレート

プライバシーポリシー(免責事項)は
サイトのトップページにリンクを貼っておくのが一般的です。

ちなみに、このサイトの免責事項も
有名ブロガー「ヒトデさん」の「hitodeblog」を参考にさせていただきました。

このサイトの「免責事項」です。参考にどうぞ。↓

サイト内のリンクエラー検出/Broken Link Checker

リンクエラーの問題も「WordPress」のプラグイン「Broken Link Checker」で解決できます。

手順は以下の通り。↓

①WordPressの左メニューからプラグイン⇒新規追加
検索窓で「Broken Link Checkerと検索

②検索結果に出てきた「Broken Link Checker
インストール⇒有効化

これで設定完了です。

あとは「WordPress」の左メニューにある「リンクエラー」を選択して

サイトにリンクエラーがある場合は、上の画像の部分にエラー内容が表示されます。

まとめ

長々となってしまいましたが、いかがでしたか?

今回ご紹介したツールは、アドセンスの通過に関わらず普段のブログ運営にも役に立つものばかりなので、ぜひ活用してみてください。

「ブログの収益化」の第一歩である「Googleアドセンス」申請通過を目指している方も多いと思います。

今回の記事が少しでも、あなたのお役に立てればうれしいです。

それではまた。ヒロユキでした。

気に入ったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です