【Amazon】読み放題サービス「KindleUnlimited」と「PrimeReading」を比較

こんにちは。ヒロユキです。

本をよく読む方におすすめしたいAmazonの電子書籍サービス「Kindle

Kindleには、月額制の読み放題サービスの「KindleUnlimited」と「PrimeReading」があることを知っていますか?

今回は、この2つのサービスの特徴と比較についてお話します。

読み放題サービス「KindleUnlimited」と「PrimeReading」を比較

Kindle」とは、Amazonが提供している電子書籍サービスの総称です。コミック、雑誌、書籍などの「大量の本」を文庫本サイズの「Kindle端末」で持ち運べるのがとても便利。くわしくはコチラの記事で紹介しています↓

KindleUnlimitedってなに?

出典:Amazon

KindleUnlimited(キンドルアンリミテッド)は、Amazonの「Kindle本」読み放題サービスです。対象となっている120万冊以上のタイトル(コミック、雑誌、書籍)を月額980円で好きなだけ閲覧可能。

対象タイトルは定期的にラインナップが変わるので、長い間楽しめます。

ヒロユキ

本1冊分の費用で人気のタイトルが読み放題なのは助かります。月に1冊以上の本を読む人や、雑誌や書籍をよく読む人には、是非オススメしたいサービスです。

PrimeReadingってなに?

出典:Amazon

PrimeReading(プライムリーディング)は、Amazonプライム会員の特典の一つです。プライム会員なら追加料金無しで、Kindleアンリミテッドの対象タイトルから数百種類を閲覧できます。

こちらも、対象タイトルのラインナップは定期的に入れ替わります。

ヒロユキ

Amazonプライム会員の方は、すぐに利用できるサービス。「Kindle端末」を持っていなくても、スマホやタブレットなどでも利用可能。電子書籍が初めての方は試しにラインナップを覗いてみたり、本を読んでみたりするのにオススメです。

2つのサービスを比較

出典:Amazon

PrimeReading」と「KindleUnlimited」の違いは大きく2つ

  • 対象タイトルの数
  • 費用面

まず、読み放題の対象タイトルが圧倒的に違います。「KindleUnlimited」が約120万冊なのに対して、「PrimeReading」はKindleUnlimitedのラインナップの中から数百冊

対象タイトルの数では圧倒的な差があります。

次に費用面ですが、「KindleUnlimited」が月額980円なのに対して、Amazonプライム会員の方は「PrimeReading」を追加料金無しで利用可能。

ちなみに、Amazonプライム会員の費用は月額500円(年額4,900円)なので、単純な費用面では「PrimeReading」が安値です。

どちらがおすすめ?

出典:Amazon

ぼくのオススメは「KindleUnlimited」です。

ぼく自身Amazonのプライム会員で、始めのうちは「PrimeReading」を利用していましたが、ラインナップが物足りなくなって「KindleUnlimited」に登録しました。

やはり、数百冊と何万冊の差は別次元です。

Kindle本を購入する際に「カタログ」というページで書籍を探すのですが、対象タイトルには「KindleUnlimited」や「PrimeReading」のロゴが表示されます。

PrimeReading」を利用していた時に、カタログで3冊に1冊くらいのペースで「KindleUnlimited」のロゴを見かけて「これはコスパが全然違う」と感じたので乗り換えました。

しかし、現在Amazonプライム会員の方で「Kindleがどんなものか試したい」という方は「PrimeReading」でKindleの操作方法や読書感に慣れるのは良いと思います。

ヒロユキ

Kindleに慣れてきて月1冊以上の本を読んでいて、さらに新しい書籍を買うタイミングで、もしそのタイトルが「KindleUnlimited」のラインナップに入っていたら、完全にコチラのほうがお得なので乗り換えをオススメします。

「KindleUnlimited」の注意点

コスパ最高の「KindleUnlimited」ですが、注意点がひとつ。

それは「端末に保存して使用できるタイトルは一度に10冊まで」です。

Kindleでは購入した「Kindle本」を端末にダウンロードして利用します。「KindleUnlimited」でも同じく、対象タイトルを「レンタル」のような感じで任意の端末にダウンロードして利用します。

この「レンタル」して端末に保存できるタイトルの上限が「10冊」です。

11冊目のタイトルをダウンロードするには、端末内の「レンタル」してあるタイトルを「返却」という形で、1冊消さなくてはなりません。

ヒロユキ

「返却」すると「読み進めた箇所」や「既読の記録も」消えてしまうので注意が必要です。

まとめ

自宅で過ごす時間も増えて、読書を習慣化するには良いタイミング。色々な本をお得に読み漁りたいという方には「KindleUnlimited」が、うってつけのサービスです。

これを気に「コスパの良い読書」を始めてみませんか?

それではまた。ヒロユキでした。

気に入ったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です