【英語の勉強】おすすめは字の少ない絵本?自然な英語はこども向けの絵本で学べる

小松田さん

おじさーん!今後のキャリアアップのために、せめて日常会話くらいの英語を身につけたくて勉強を始めたんだけど、覚える単語や文法が多くて挫折しちゃった…。なにか楽しく継続できる方ないかなぁ。

尾地ヒロユキ

そっかぁ。確かに今は英会話スクールに通うのも難しいし、独学じゃあつまんないかもね。それならいい方法があるよ!それは「英語の絵本」を見ることなんだ

小松田さん

え?絵本?そんなので英語が身につくの??

こんにちは。ヒロユキです。

今回の小松田さんの悩みは、挫折しないために「たのしく続けられる英語の勉強方法が知りたい」というもの。

英語を学ぶためのツールは世の中に溢れかえってます。今回は、その中でも特に親しみやすい「絵本」をつかった勉強法をご紹介します。

おすすめは字の少ない絵本?
自然な英語はこども向けの絵本で学べる

英語の勉強法として思い浮かぶものといえば「英会話スクール」「スピードラーニング」「テレビの英語チャンネル」なんかが一般的ですね。

英語に親しむ方法としては、海外のドラマ「Full House」や「Friends」などを英語/字幕なしで観るなんてのも方法のひとつ。

でも、英語を身につける際に「勉強しなきゃ」というスタンスはとても危険です。

「やらなきゃ!」や「頑張る!」は意思の力が必要なので少しきっかけで挫折してしまいます。

尾地ヒロユキ

ボクも学生時代に必死に勉強して英検2級に合格したけど、その時の英語力が役に立ってる実感はないなぁ。勉強も楽しくはなかったしね。

どうして英語の「絵本」なの?

ひとくくりに英語の絵本といっても、日本の絵本と同じように様々な段階や種類があります。

まず手にとってもらいたい絵本は「絵」が中心で「最小限の文字数しかない」もの。

有名なものでは、子ぶたの姉弟の日常を描いた「Peppa Pig」や、Leslie Patricelli(著者)の作品などがおすすめ。

内容は英語であっても、最小限の言葉で子どもたちにわかりやすく描かれた作品なので、ここからスタートするのが理想です。

自分たちが子供のころに「ひらがな」や「カタカナ」を覚えたように、単語や文法に過敏にならず、まっさらな気持ちで英語にふれたいですね。

文字数が少ない絵本のメリット

文字数が少ない絵本から始めることのメリットは大きく3つあります。

  1. 一度に目に入る単語数が少ないので混乱しない
  2. 描かれている絵を見ることで内容が想像できる
  3. ページ数も少ないので確実に読み終えることができる

メリット①:一度に目に入る単語数が少ないので混乱しない

英語に耐性がない状態で長文を読もうとすると、まるで長い暗号文を解読しているような気持ちになります。「わからない単語や文法が出てくる→辞書で調べる→本文に戻る」の繰り返しだと、読書どころじゃないですね…。

その点、絵本だと1ページあたりの文字数が少ないから安心。

無理せず、自分のレベルよりも少し簡単な内容の絵本を選んで「なんだこのくらい簡単じゃん」って思いながら「完読数」を増やしていくのがおすすめです。

メリット②:描かれている絵を見ることで内容が想像できる

当たりまえですが「絵本」は絵の部分が多い。もしわからない単語や言い回しが出てきても、絵を見ると「多分こんな感じのこと言ってんのかな?」って想像できます。

この想像を何回も繰り返していると、その英語本来の意味が少しずつわかった感じがしてきます。

「わかった感じ」じゃダメじゃん。って言われるかもしれませんが、段々と「感じ」が「確信」に変わってきますから、ご安心を。

英語を勉強していると「英語」→「日本語」に変換しようとしてしまいます。でも、本来ちがった言語同士をピッタリの意味合いで変換することはできません。むりやり変換しようとしているうちに、その違和感から頭がこんがらがってきます。

絵本の世界で、「ありのままの英語」をたくさん体験しましょう。

メリット③:ページ数も少ないので確実に読み終えることができる

継続するには、楽しみながらできるのが一番。楽しむためには、「飽きない」、「イヤにならない」、「つまらなくない」が大切。そのために必要なのは「達成感」です。

どんなに幼児向けの絵本であっても「1冊読み終えた」っていうのは、なんだか嬉しくなりませんか?笑

絵本は大体20ページ前後のものが一般的です。ページ数が多いものでも50ページもありません。読み終えた絵本が増えると「達成感」も積み上がっていきます。

でも「絵本なんだから何冊読もうが効果なんてないんじゃない?」と思われるかもしれませんね。

例えば、いきなり200ページほどのペーパーバックに挑戦して途中で挫折しそうになりながらも、1ヶ月ほどで完読したとします。おそらく内容はあまり理解できず、次の本に手を出す気力は残ってないかもしれません…。

それにくらべて、文字数は少ないですが20ページほどの絵本なら完読の「達成感」感じながら「次はどんな本にしよっかな」っと徐々にレベルアップできます。

文字数が少ない絵本のデメリット

ここまで、絵本で英語を身につけるメリットについて紹介してきましたが、この方法にはデメリットも存在します。

  • 文字数が少ないので多くの冊数が必要になる…
  • 大人が絵本を読むのは抵抗がある…

デメリット①:文字数が少ないので多くの冊数が必要になる

絵本って一冊買うのに大体1,000円くらいするんです…。より多く冊数が必要な今回の方法では、まともに全て買ってるとかなりのコストがかかります。

最近では、英語の絵本コーナーが設けられている図書館や、絵本のレンタルサービス、無料のダウンロード版などもあるので上手く活用してコストを減らしましょう。

デメリット②:大人が絵本を読むのは抵抗がある

いい年の大人がまじまじと児童向けの絵本をながめている姿には、少し抵抗があるかもしれません。

お子さんがいる家庭なら、普段の絵本の読み聞かせに「英語の絵本」を取り入れると一石二鳥です。

「けど、いい加減な発音で読み聞かせするのはちょっと…」というパパさんママさんには、YouTubeの読み聞かせ動画をお手本にするのがおすすめ。

尾地ヒロユキ

ボクも初めて英語の絵本を2〜3冊買ってきて、真剣に読んでる姿を妻に「え…?」って顔で見られてからは、子どもたちの読み聞かせにしたよ。笑

おすすめは字の少ない絵本?
自然な英語はこども向けの絵本で学べるの「まとめ」

文字が少ない絵本のメリット
  1. 一度に目に入る単語数が少ないので混乱しない
  2. 描かれている絵を見ることで内容が想像できる
  3. ページ数も少ないので確実に読み終えることができる
文字が少ない絵本のデメリット
  • 文字数が少ないので多くの冊数が必要になる…
  • 大人が絵本を読むのは抵抗がある…
尾地ヒロユキ

ね?絵本だからってバカにはできないでしょ〜?
英語のスキルアップのために「絵本」が効果的な理由がわかってもらえたかな?

小松田さん

これなら「勉強しなきゃ」って身がまえることもなさそうだし、子どもたちに読み聞かせもできるなら家族で続けられそうだね。さっそく「英語の絵本」探してみるよ!ありがとう♪

今回紹介した「英語の絵本」でたくさんの自然な英語に触れる方法は≫英語多読 すべての悩みは量が解決する! Kindle版 繁村 一義(著)で詳しく解説されています。

この書籍のKindle版は「Kindle Unlimited」のメンバーシップに含まれているので、会員の方は無料で読むことができます。

みなさんも英語スキルアップの入り口として、「絵本」を活用してみてくださいね。

それではまた。ヒロユキでした。

月額制で3,000点以上の書籍が読み放題の「Kindle Unlimited」についての記事はこちら↓

気に入ったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です