≫FaBオンライン対戦ツール「TALISHAR」で腕試し

【Flesh and blood】似てるけど違う!!カードの個体差「カラーストリップ」

こんちゃ!ジーロンです。

突然ですが、次の3枚のカードの違いがわかりますか?

ジーロン

今回は、【Flesh and blood】特有のシステム「カラーストリップ」について解説していくよ〜。

カラーストリップはカードの個体差

はい!正解はココ!

カードの名称の上に「カラーストリップ」と呼ばれる「黄色」「青色」「赤色」のラインが付いていますね。

通常デッキ構築の際には、「同じ名称のカードは○枚まで」という枚数制限があります。

ですが、「Flesh and blood」では、同じ名称のカードだったとしても、カラーストリップの色が違えば「別のカード」として認識されます。

なので、たとえば上の画像の「Macho Grande」を、CCデッキに入れるなら

  • 「Macho Grande(黄)」×3
  • 「Macho Grande(青)」×3
  • 「Macho Grande(赤)」×3

という感じに、同じ名称でも3枚ずつの採用が可能なのです。

なにが違うの?

実は、最初に見てもらった3枚の「Macho Grande」の違いは「カラーストリップ」だけじゃないんです。

よく見ると「リソース値」と「アタックポイント」が、少しずつちがう…!!

「カーラーストリップ」は、そのカードの個体値のようなもので、色によってそれぞれ特徴があります。

赤い帯はパワータイプ

赤色の「カラーストリップ」を持つカードは、効力重視。

「アタックポイント」や「ディフェンスポイント」が、他の色に比べて高く設定されています。ただ、その代わりに「リソース値」が「1」しかありません…。

テキストの内容も、他の色に比べて強力なものが多いのですが、オーバースペックに感じることもしばしば…。

カードのフルパワーを求めるなら、赤帯がオススメですね。

青い帯はリソースタイプ

青色の「カラーストリップ」を持つカードは、リソース重視。

青色のカードをピッチすると、リソースを「3」生み出します。行動のために必要なリソースを、最も効率よく生み出してくれるのです。

その代わりに「アタックポイント」や「ディフェンスポイント」、カードテキストはとても控えめ…。正直言うと他の色に比べて「弱い」カードです。

ただ、それも使い方次第!!青帯をうまく利用して、潤沢なリソースを手に入れよう!!

黄色の帯はバランスタイプ

黄色の「カラーストリップ」を持つカードは、バランス重視。

カードの性能も、生みだすリソース値も、ちょうど赤帯と黄帯の中間です。中途半端…と言ってしまえば失礼だけど、「可もなく不可もなく」なのは否めない…。

ただ、ヒーローやデッキの構築次第で、「黄色がちょうどいい」ってな場面があります。

黄色がちょうどいい

例えば「Bravo」のデッキに採用する「Bucking blow」を考えてみましょう。

「Bucking blow」にも、三色のカラーストリップがあります。

①「Bucking blow」は、相手に4点以上のダメージがヒットすると、追加で効果が発揮される「Crush」を持っています。

②「Bravo」は、自身の能力で「dominate」を取得できます。
 ※ dominete:次の攻撃を、相手は「1枚のカード」でしか防御できなくさせる能力。

「Bravo(Action)」→「Bucking blow」の順序で攻撃する場合、相手は「1枚のカード」で「Bucking blow」を防御しなくてはいけません。

この時、「ディフェンスアクション」のカードを除けば、ほとんどアクションカードの防御値は「3」なので、こちらの攻撃値は3(防御値)+4(Crush)=「7」(攻撃値)以上が理想です。

もう一度「Bucking blow」のカラーストリップを見比べてみると

  • 青帯:6(攻撃値)ー3(防御値)=3(ダメージ)
  • 赤帯:8(攻撃値)ー3(防御値)=5(ダメージ)
  • 黄帯:7(攻撃値)ー3(防御値)=4(ダメージ)

相手に防御された場合に「Crush」が発動するのは、赤帯か黄帯になります。

このどちらかを選ぶ場合、ピッチで「2」リソースの黄帯「Bucking blow」が「ちょうどいい」のです。

帯色が偏らないように

赤帯ばかりじゃリソースが足りないし、青帯ばかりじゃ攻めきれない…。デッキに入れるカードは、帯色が偏らないように注意が必要です。

ただし、ヒーローの中には「カラーストリップ」を参照する能力を持った方々がいます。もし、そんなヒーローと選んだら…デッキ構築が楽しすぎて眠れない夜が続きそう…笑

それじゃまた。ジーロンでした。ばいばい!

気に入ったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。