≫FaBオンライン対戦ツール「TALISHAR」で腕試し

【FaB】Bravoにとって「CoP」とか「Tunic」みたいな“S級装備品”って必要なの?

こんちゃ!ジーロンです。

ジーロン

高い装備品の購入を考えてるなら、ちょっと待って!!

とっても高価な「S級装備品」

FaBのカードには、イラストが美しく性能も優れているために、価値が爆上がりした「Equipment(装備品)」が存在します。

Crown of Providence」や「Fyendal’s Spring Tunic」などは、その代表的なカードで、2023年6月現在の相場では販売価格3万円を超えます。

あなたがもし、今からFaBを始める新規のプレイヤーで↓

FaBを楽しむためには、そんな高い装備品が必用なのか…

みんな強いって言ってるし、思い切って手に入れてみるか…」

…って考えているなら、チョット待っていただきたい!

これらの「S級装備品(販売価格3万円を超える装備品を僕が勝手にそう呼んでます)」は、確かに強力です。そして美しいです。

だけど、性能が良い装備品を使ったからといって、勝率が上がるほどFaBは甘くありません。(これマジで)

…というのは、装備品の性能は対面ヒーローによって有利不利が変わるし、プレイすることで「ドーン」と戦況をひっくり返す「切り札」のようなカードではないからです。

「ヒーローの特性」、「デッキの回し方」、「装備品の性能」が噛み合うことで初めて、勝率が上がってくるのがFaBのおもしろいところなのです。

Bravoのデッキリストにも「Crown of Providence(CoP)」や「Fyendal’s Spring Tunic(Tunic)」が採用されているのを見かけますが、彼にとって「CoP」や「Tunic」が絶対不可欠かと聞かれると、正直即答できません。

今回の記事は、Bravoでデッキを組み始めたけど「S級装備を手に入れなきゃダメかな…」って感じてる、あなたへ贈ります。

「Crown of Providence」

「S級装備品」にはクラス特有のものと、誰でも装備できる“Generic”が存在します。

「S級装備品」の中でも、クラス特有である「New Horizon」や「Phantasmal Footsteps」などは、さすがに専門装備なだけあって、そのクラスでの必要性は高くなります。

しかし、“Generic”のそれはヒーローによって用途が変わります。

あなたが「Crown of Providence」で防御するとき、自分の手札またはArsenalからカードを1枚山札の一番下に置いてもよい。そうしたなら、カードを1枚引く。
 Blade Break(コンバットチェインが閉じたとき、これで防御していた場合、破壊します。)

「Crown of Providence(CoP)」は、“Uprising” に収録されているレジェンダリー装備です。

2023.6月の相場では、約4万円の販売価格を確認しています。

この「CoP」を狙って、アップライジングを剥き続けた方もいるんじゃないでしょうか?(僕のもとには未だに来てくれません)

「CoP」を採用するメリット

「CoP」の特徴は「高い防御値」と「手札の入れ替え」です。

防御値「2」は頭装備の中でもトップクラスですし、「手札の入れ替え」はArsenalを山札に戻すことで実質、手札を1枚増やすこともできます。

コレを利用すれば防御をしながら手札を温存できるため、次のターン「Spinal Crush」や「Crippling Crush」に、Bravoのdominate付与を添えるためのリソース(7〜9)を確保しやすくなります。

さらに、手札に青帯が集まれば「Pulverize」を予備動作無しで打ち込むことも可能。

手札4枚の場合
  1. Spinal Crush(5コスト)」
    +dminate付与(2コスト)
    or
    Crippling Crush(7コスト)」
    +dminate付与(2コスト)
  2. 青帯カード
  3. 青帯カード
  4. 青帯カード
    Spinal Crushの場合は赤帯でも可)
手札5枚の場合
  1. Spinal Crush(5コスト)」
    +dminate付与(2コスト)
    or
    Crippling Crush(7コスト)」
    +dminate付与(2コスト)
  2. 青帯カード
    (黄or赤でも良いし防御札にしてもOK)
  3. 青帯カード
  4. 青帯カード
  5. 青帯カード
    Spinal Crushの場合は赤帯でも可)

※2〜4が全て青帯なら12リソースなので、「Pulverize」をdominate付きでプレイできる。

もしかするとコレ↑を見て「Spinal Crush」や「Crippling Crush」をArsenalに置いてから使えば、「CoP」を使わなくてもリソース管理が楽なんじゃない?って思うかもしれない。

けれど「CoP」を使った場合、手札にこれらの攻撃札を確認した次のターンには、早速プレイできるのが大きなメリット。(多少の運要素はあるけど)

しかも、攻撃を防ぎつつ行動できるので、致命傷を回避できるのもGood。

他の頭装備品との比較

Bravoの頭装備を選ぶとしたら「Helm of Isen’s Peak」や「Arcanite Skullcap」が選択肢に入ります。

Helm of Isen’s Peak」は、“Guardian入門用の頭装備”的な立ち位置なので、さすがに「CoP」の性能には敵いません。

一方、合計で「3」ポイントの防御ができる「Arcanite Skullcap」は、単純な防御性能なら「CoP」よりも優れています。(ライフが下回ってからの使用が前提)

さらに「Arcanite Skullcap」は“Battleworn”の性質上、防御値がなくなった後も壊れることなくAB(アーケンバリア)を使用できます。

なので、結論的には↓

防御重視なら「Arcanite Skullcap

攻撃重視なら「Crown of Providence

…で使い分けるのが良さそうですね。

Fyendal’s Spring Tunic

あなたのターンの開始時、「Fyendal’s Spring Tunic」のエネルギーカウンターが3個未満なら、あなたはその上にエネルギーカウンターを1個置いてもよい。
Instant– 「Fyendal’s Spring Tunic」からエネルギーカウンターを3個取り除く: 「1」リソースを獲得する。
Blade Breakコンバットチェインが閉じたとき、これで防御していた場合、破壊します。

「Fyendal’s Spring Tunic」は、“Welcome to Rathe”で初めて収録されたレジェンダリー装備。その後、“CRU”“HP1”にも再録されている人気カードです。

「Tunic」を採用するメリット

3ターン毎に「1」リソースを生成する能力は、Arsenalに仕込んだ「Oasis Respite」や「Tome of Fyendal」のプレイに役立てたり、Guardianの場合「Rampart of the Ram’s Head」や「Crown of Seeds」のコストを支払う場面で活躍します。

ただ、長期戦で活躍する性能とは裏腹に“Blade Break”持ちなので、一度でも防御に使用してしまうと壊れてしまいます。

なので、防御を目的にした装備品には成りえません。

リソース生成も3ターン毎なので、試合の経過ターン数ヒーローのライフが少ないBlitzでは使い所がむずかしい装備品でもあります。

他の胴装備品との比較

Bravoの胴装備といえば「Tectonic Plating」が第一候補に上がります。

Anothos」の条件を満たすためにも相性がいいので、彼にとってまさに「鉄板」です↓

もしくは、「Sift」や「Potion of Luck」などのドローカードを採用する構築では「Earthlore Bounty」が選ばれます。

単純な防御性能では、この2つの防具には敵わない「Tunic」ですが、防御値を必要としないWizard対面では、これらのGuardian装備より「Tunic」が優先される場合があります。

Wizard対面では、こちらの攻撃によるリソース切れを狙った切り返し時に、「Tunic」生成のリソースで「Oasis Respite」を使用することができるからです。

とはいえ、大抵の場合は「Tectonic Plating」を着ている方が攻守ともに安定するので、Bravoが優先的に「Tunic」を採用することはあまりありません。

この先、他の装備品や新カードの登場で評価が変わるかもしれませんが、現状ではBravoにとって「CoP」や「Tunic」は、「あればうれしい」くらいの装備品だと感じています。

もちろん、普段のゲームの中で「いまCoPがあれば上手く回った!」とか「ここでTunicがあったらよかったのに!」と思える場面に出会ったら、それはあなたにとってこれらの装備品が必要なんだと思います。

もしそうでないのなら「まだい〜らない」って自分に言い聞かせましょう。

僕もそうすることにします(笑

それじゃまた。ジーロンでした。ばいばい!

気に入ったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です