≫FaBオンライン対戦ツール「TALISHAR」で腕試し

【FaB】鎧袖一触!!籠手から始めるAngel対策【Vambrace of Determination】

こんちゃ!ジーロンです。

ジーロン

Vambraceの使いみち。

新たに登場したAngel達

7月14日に発売された「Dusk til dawn(DtD)」では、強さと美しさと兼ね備えた「Angel(天使)」たちがたくさん登場しました。

これらの「Angel」は、新Prismと呼ばれている「Prism, Awakener of Sol」と相性のいい「Ally」です。

「Ally」って?

Allyはヒーロー同様に、相手を攻撃することができる味方カードです。攻撃にはAPを使用します。相手プレイヤーは、Allyの攻撃は防御できますが、Allyに対しての攻撃をオーナーが防御することは出来ません。詳しくはリリースノートを参照ください。

彼女たちは各々、攻撃した際に発動する能力を持っています。

その内容について今回は割愛しますが、それらの能力とは別に「Angel」たちが共通で持っている能力があります。

それは「Word 4」。

ダメージ軽減効果「Word」

「Word」は、自動かつ強制的にダメージを軽減する能力です。

Word X

あなたにダメージが与えられる場合に、そのダメージを「X」軽減する常在型能力。与えられるダメージに対して強制的に効果が働きます。詳しくはリリースノートを参照ください。

「Word」を持つカードは、その所有者が受けるダメージを軽減した後に破壊されます。

「Word」を持つカードが場にある状態でダメージを受けると、必ずその能力で軽減しなくてはなりません。

この効果をもつカードが複数場にある場合、どのカードから効果を発動するのか、その所有者が選択することが出来ます。

「Word」が適用されるのは、「ヒーローにダメージが与えられる場合」です。防御札やDRのような「防御値」を持つカードのように使用することはできません。

天使は触れると消滅する

「Angel」や「Dragon」のような「Ally」は、攻撃対象として選択できます。

「Ally」にはヒーローと同じように「ライフ」が存在するので、この数値以上で攻撃すれば倒すことができます。

しかし、基本一度しか攻撃できないGuardianにとっては、貴重なAPをエネミー打倒のために使っていては、いつまで経っても本体を攻撃することが出来ません。

これでは、天使を従える「Prism」に勝てっこないぞ…。

…なんていう心配は必要ありません。

「Angel」の対策は、もっとずっとシンプル。

その答えは「Prism本体を思いっきり殴る!」です。

「Word 4」を持つ天使たちは、Prismがダメージを受ける瞬間に盾となって消滅します。

4点のダメージを軽減する「Word 4」ですが、受けるダメージが1点の場合でも軽減効果が適用されますし、ダメージ軽減後そのカードは破壊されます。

つまり、ダメージを1点でも軽減させることができれば、天使は消滅するのです。

もう一つの軽減「Spectral Shield

Prismには、もう一つのダメージ軽減手段(というかこっちが元祖)「Spectral Shield」があります。

…なので「Spectral Shield」が場にある場合、防御を抜けたダメージが「Angel」のWord発動前に軽減されてしまう可能性があるのです。

天使に届け!この1点!

Angel」や「Spectral Shield」は、Prismにとって強力な攻撃手段でもあるので、早めに対処しておきたいところ。

特にGuardianにとっては、これらが場に増えると対処しきれません。

そこで、今回紹介したい装備品が「Vambrace of Determination」です。

Vambrace of Determination

ターン中1度だけの Attack Reaction1コスト : 次のダメージ軽減効果で軽減できるダメージは、攻撃値「1」分少なくなる。
こちらが防御する場合に、1コスト支払っても構わない。そうした場合、「Vambrace of Determination」は 防御値+1とBlade break.を得る。(戦闘チェーンが閉じたとき、これが防御に使用されていた場合、破壊します。)

この腕装備は、ARとして起動させると相手の使用したダメージ軽減効果を減少させます。

例:ダメージを4点軽減→ダメージを3点軽減

減らせる値は攻撃値「1」なので、アーケンダメージには意味がありませんが、この効果を利用して、Prismの手札や軽減カードを剥がしていきます。

AACと組み合わせる

Prismは、仮にダメージが通って「Word」が発動すると「Angel」を失うことになります。

それを阻止するために、ディフェンドステップで攻撃を止めたり、防御を抜けたダメージを「Spectral Shield」で軽減したりします。

なので、「Vambrace of Determination」(以下Vambrace)を使って軽減効果をすり抜けるためには、まず相手が防ぎ辛い攻撃を仕掛ける必要があります。

例えば、3コスト攻撃値7のAACで攻撃したとします。

これを完全に止めるには、手札を基本3枚は切らなきゃならんわけですが、次の行動を考えるとPrismとしては、そうしたくない。

最低でも2枚の防御札に抑えて、抜ける1点は「Spectral Shield」で軽減するのが得策です。

しかし「Vambrace」は、それを許しません。

Prismの「Spectral Shield」がひとつだった場合、「Vambrace」の起動で「Spectral Shield」の軽減効果が「0」になり、ダメージがすり抜けます。(Seismic Surgeが割れてればAAC+Vambraceで3コスト)

すり抜けたダメージを軽減するために「Angel」の「Word」が発動し、天使が破壊されるのです。

また、他にもBravoの効果で「Crippling Crush」をdominate付きで打ったとします。(この場合も、Seismic Surgeが割れてれば、Crippling Crush+dominate+Vambraceで9コスト)

Prismの装備品は防御値を持たない場合が多いので、手札1枚の防御で8点のダメージが期待できます。

都合のいい話だと、「Angel」が3体場にいて「Spectral Shield」が0枚の場合、「Vambrace」の起動で3体とも破壊することが可能です。

Anothosと組み合わせる

AACに比べるとプレッシャーは劣りますが、「Anothos」との組み合わせもオモシロイ動きができます。

  1. 「Anothos」で攻撃/攻撃値4
    3コス以上の青帯ピッチ
  2. 相手の防御札が1枚なのを確認
  3. 「Vambrace」起動
    3コス以上をピッチ
  4. 「Anothos」/攻撃値6
    3〜4点抜け/軽減値「1」減少

うまく行けば「Spectral Shield」を3体抜けて「Angel」にダメージが届きます。

要注意のDR

1枚で防御値6を持っている「Soul Shield」や、攻撃対象を強制する「Arc Light Sentinel」は、こちらの目論見を打ち砕くカードです。

試合中は、ピッチや使用枚数に注意が必要です。

あまり目立たない「Vambrace of Determination」ですが、PrismやKano相手にトリッキーな動きができるので、結構好きな装備品です。

天使に手こずってる守護者の方は、ぜひお試しあれ〜

それじゃまた。ジーロンでした。ばいばい!

気に入ったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です