≫FaBオンライン対戦ツール「TALISHAR」で腕試し

【FaB】片手持ちの新ハンマー「Miller’s Grindstone」の振り心地【HVY】

こんちゃ!ジーロンです。

新ハンマーきちゃァァ

Miller’s Grindstone

ターン毎に1回のみのアクション– 3リソース:攻撃
この攻撃がヒーローに当たったならばClashするこのClashに勝った場合、相手の山札の上から1枚を破壊する。あなたが負けた場合、この武器に攻撃値「-1」カウンターを1個置く。

今回の新弾HVYで、Guardian待望の新ハンマーが追加されました!

片手持ちのハンマーといえば、今まで「Titan’s Fist」しか選択肢がなかったので、「Miller’s Grindstone」の登場は正直めっちゃ嬉しいですね。

しかも、ピッチカードに関係なく3コスト4点の攻撃出力。

これは、戦略の幅が広がりそうです!

パワァー!!HVY環境

HVY環境が始まって、我らGuardianの強化はもちろん、それ以上にBruteやWarriorの強化もやってきました。

特に「Kassai」や「Kayo」のパワーが強んよいっ!

実際、ガチンコ勝負はかなりきびしめです。

僕も先日のRtNに参戦してきましたが、やっぱりHVYの新ヒーロー参入が目立っていました。

この新環境で僕が一番ビビってたのは「Kassai」。

Blitzで「Kassai」が現役だったころも、ボッコボコにやられてたので、今回違う形であっても復活すると知って震える夜を送ってました。

しかも、おっさんAllyを呼び出すSPまで手に入れてるし↑

これ。おっさん出てくるとしんどいんですよぉ。
(RtNの対面で3体出てきてライフをカツアゲされた)

「Life for a Life」でも入れてやろうかと思うぐらいに恐怖です。

「Life for a Life」がヒットした場合、ライフを1点得る。
あなたが「Life for a Life」をプレイするとき、あなたのライフが相手のヒーローより少ない場合、“go again”を得る。

そんな「Kassai」はWarriorクラス。

新しく貰ったハンマーがClash付き。

「コレ…刺さるんじゃね」

…ってことで、今回のRtNに「Miller’s Grindstone」を持ってったわけですが、結果としては「◎」でした。

僕のリスト(Bravo)が、かなり後ろ向き(DR多め)だったのもありますが、対「Kassai」戦は、なんとか戦い抜けたので共有します。

Clash武器

Clash付きの武器といえば「Victor」SPみたいなイメージがありますが、「Miller’s Grindstone」はGuardianの共有武器です。

「Miller’s Grindstone」(ミルハンマー)は、3コスト攻撃値4の強力な武器ですが、攻撃がヒットすると「Clash」して↓

  • 勝ち→相手のデッキトップ破壊
  • 負け→このハンマーに攻撃値「−1」カウンターを置く

…という能力を持っています。

攻撃値4のオンヒット効果持ちなので、Clashの結果次第ではありますが、トップ破壊を避けたい相手への圧力は高めです。

だけど、Clashに負けてカウンターが置かれると、その後の圧力は下がります。

なので、基本的にAACがほとんど入ってない「Warrior」対面でのみ装備してます。

Warriorのリストにも「CnC」や「Nourishing Emptiness」が入ってる可能性は高いので、墓地やピッチの確認ができれば◎。

HVY環境に入って、デッキのDRを増やしたリストも多いのですが、相手はClashするとほぼ「負け確」と感じてくれるので、悩ましい択を押し付けられます。

そしてRtN当日。
やってきたKassai対面の時…。

「ミルハンマー振れば多くて2枚の防御札切ってくれるかも!」と思いながら意気揚々と攻撃しました。

だがしかし…。

Valiant Dynamo

あなたのエンドフェイズ開始時、このターンあなたが武器で2回以上攻撃していた場合、あなたは「Valiant Dynamo」から防御値「−1」カウンターを1個取り除いてもよい。

忘れてましたね。「Dynamo」のこと。

毎ターンしっかり手札1枚+「Dynamo」で、ミルハンマーの4点分を防がれました…。

やっぱ強いよ。この脚。カッコいいし。

ファティーグ構築で、後半から終盤にかけて相手が失速すれば、じわじわと山札をすり潰していけますが、正統派の構築でミルハンマーを持つと中途半端になりそうです。

試合結果には、なんとか勝つことができましたが、ほんとギリギリでした。

1試合で落とせたトップは4~5枚ほど。
(運良くキーカードを落とせた時めっちゃうれしい)

ヒットは防がれるとはいえ、「−1」カウンターが乗ることはほぼ無いので、盾を持つのが好きな方は「Titan’s Fist」よりも強い圧が掛けられると思います。

他のClashで安全確認

Clashするカードのほとんどは、防御する時です。

こちらが防御した場合、攻撃側のヒーローとClashする。
勝者はMight(Vigor)トークンを生成する。

防御時にClashして山札を確認していれば、次の攻撃時に、少なくとも自分のデッキトップは把握できてる状態になります。(相手のトップはドロー後なのでわかんない)

常に使える方法ではないし、実用性は低いですが、役立つ場面があるかもしれません。

今いろんな大会で「Victor」が大活躍しています!
他のGuardianヒーローたちも新しいカードを使って戦略の幅を広げていきたいですね。

それじゃまた。ジーロンでした。ばいばい!