≫FaBオンライン対戦ツール「TALISHAR」で腕試し

【FaB】相手を翻弄するアタックリアクション「Pummel」をつかってみよう

こんちゃ!ジーロンです。

ジーロン

守るだけがGuardianじゃないぞ!

「Pummel」って?

以下から1つを選ぶ
1.対象の棍棒またはハンマーの攻撃は攻撃値「+n」を得る。
2.対象のコストが 以上の“Attack Action card”は攻撃値が「+n」され、「これがヒットした場合、防御側のヒーローはカードを1枚捨てる。」を得る。(「+n」はテキストに書かれた数字。)

みなさん「Pummle」使ってますか?

Guardianにとっては、「Pummle」のような“Attack Reaction”よりも「Staunch Response」のみたいな“Defence Reaction”のほうが、優先的にデッキに採用されるかもしれません。

しかし、侮るなかれ。

ほとんどのGuardianデッキに採用されている「Pummle」。
これには、それ相応の理由があります。

「Anothos」との組み合わせ

1ターンに1回行動– :攻撃
あなたのピッチゾーンにコスト以上のカードが2枚以上ある場合、Anothosは+2を得る。

Bravoの愛槌「Anothos」ですが、効果による攻撃値上昇の条件「3コスト以上のカードがピッチゾーンに2枚以上」は、チェインリンク中にも誘発されます。

たとえば、「Anothos」を使用するために「Cartilage Crush(青帯)」をピッチします。

この時点の「Anothos」の攻撃値は「4」です。

この時、こちらの攻撃値「4」に対して、相手は防御値「3」を出したとします。

このまま終われば「1」ダメージが通るわけですが、リアクションステップに「Pummle(赤帯)」を使用します。

あなたは「Pummle(赤帯)」のコストを支払うために、手札から「Macho Grande(青帯)」をピッチします。

すると、ピッチゾーンに「Cartilage Crush(青帯)」と「Macho Grande(青帯)」が存在することになるので、この瞬間に「Anothos」の攻撃値は+2されて「6」になるのです。

さらに、「Pummle(赤帯)」の効果で攻撃値+4、最終的な「Anothos」の攻撃値は「10」まで上昇します。

相手にとっては、攻撃値「4」のつもりで防御した「Anothos」が、次の瞬間には攻撃値「10」になるこの状況、かなりイヤラシイ攻撃ですね。

この組み合わせは、単なる「初見殺し」に収まらず、手の内を知っている相手にも有効に作用します。

「Anothos」の攻撃時に手札が2枚以上かつ、ピッチゾーンにコスト「3」以上のカードが1枚あると、

「しっかり防御しないと、攻撃値伸ばしちまうぞ!」

…というプレッシャーを相手に与えることになり、ゲームになれたプレイヤーさんほど警戒してしまいます。

結果、過剰に防御をされたとしたら、その分相手の手札や防具を剥がせたことになるので、「Pummle」は使用せずに終わっても問題ありません。

「Thump」との組み合わせ

Thumpの攻撃値がもとの値よりも大きい間、これはdominateを得る。さらに「相手ヒーローは、このダメージがヒットした場合、手札からカードを1枚選んで捨てる」。

もうひとつの組み合わせは、「Thump」です。

「Thump」は、自身の攻撃値が上がると“dominate”と、オンヒット効果で“discard”が付与されます。

これも「Anothos」と同じく、ブラフ込みで使用していきたいカードです。

通常は“Action card”などで攻撃値をプラスした上で使用する「Thump」ですが、先にバニラ状態の「Thump」を打ち、相手の出方を見てから「Pummle」で攻撃値を上げると、より確実にヒットを狙えます。

「Pummle」には、コスト「2」以上の“Attack Action card”を対象にした時「これがヒットした場合、防御側のヒーローはカードを1枚捨てる。」が付与されるので、「Thump」の効果と合わせてヒット時には手札を2枚捨てさせる事ができます。

ただ、この場合のdominateついては注意が必要です。

「Thump」のdominateは、攻撃値が上がったタイミングで付与されます。…が、一度防御されてしまった後に“Attack Reaction”などで攻撃値を上げても、すでに行った防御枚数をさかのぼって減らすことはできません。

  1. 「Thump」を使用→解決
  2. 相手が手札2枚で防御→解決
  3. 「Pummel」を使用→解決
  4. 「Thump」の攻撃値が上がり“dominate”と“discard a card”付与。→解決
  5. 相手に防御超過分のダメージ。→解決

※ dominateの効果で本来は1枚でしか防御できないけど、②で解決した内容にさかのぼって、行動を書き換える事はできません。

「Anothos」とは違い、こちらの組み合わせの目的は「相手の手札を剥がす」ことにあるので、1点だけでも通すことができればOKと考えましょう。

防いでなんぼのGuardianですが、ずっと防戦一方だと相手に全力で殴らせるチャンスを与えてしまうので、最後にはジリ貧になって負けてしまった…。なんてことになりかねません。

テンポを取り返すためにも、今回紹介した手段をつかって、相手の手札をゴソッと削り取っちゃってください。

それじゃまた。ジーロンでした。ばいばい!