≫FaBオンライン対戦ツール「TALISHAR」で腕試し

【FaB】ゴツンと一発「Thump」オンヒット効果の狙い方を考えよう

こんちゃ!ジーロンです。

ジーロン

今回はGuardianクラスの「Thump」に注目していくぞ。

「Thump」

Thumpの攻撃値がもとの値よりも大きい間、これはdominateを得る。さらに「相手ヒーローは、このダメージがヒットした場合、手札からカードを1枚選んで捨てる」。

「Thump」は、4コストで攻撃値6のGuardianクラスのコモンカードです。

これだけ聞くと、お世辞にも強いカードとは言えない性能。

しかし、彼の真価は他のカードによって目覚めます。

たとえば、赤帯「Thump」の攻撃値は「6」。バフ系の効果によって、この「6」が「7以上」になれば「diminate」と「discard a card(オンヒット効果)」が発動するのです。

バフ系カードと一緒に使う

…となると、攻撃値を上昇させるカードが必要になる「Thump」。

ただ、組み合わせるバフ系カードのコストが重たいと「Tear Asunder」でよくね?ってなるのね。

なので今回は、コストも軽くて扱いやすい「Thump」の相棒を紹介します。

「Smashing Good Time」

このターン、あなたが次にプレイする“Attack Action card”が相手のヒーローにヒットした場合、あなたはそのヒーローがコントロールするコスト以下の“Item”を破壊してもよい。「Smashing Good Time」がアーセナルからプレイされた場合、このターンあなたが次にプレイする“Attack Action card”は攻撃値「+n」を得る。(「+n」はテキストに書かれた数字。)
「Go again」

「Thump」を採用する場合、たぶん攻撃値が高い赤帯を選ぶと思います。

赤帯「Smashing Good Time」は、Arsenalからだと攻撃値「+3」なので、赤帯「Thump」の攻撃値は「9」に上昇。これを完全に防ぐには、防御値「3」の手札1枚(dominateだからね)と防御値「2」の防具×3(仮に3枚使ったことにして)が必要になります。

防具の枠は5枚あるけど、デッキのシステムを担う防具が1〜2枚ほど採用されてる事が多いから、5枚ともガッチガチの防御用ってことはあまりないのです。

防具未使用なら「6」ダメージ通った上に手札を1枚捨てさせて、仮に防具を使ってくれれば、それも良し。

相手の手札に“Defence Reaction”があっても、すでに手札から防御してたら使えません。これは痛〜い「ゴツン」。

dominateに対して、Arsenalから“Defence Reaction”を使用することは可能です。

「Plunder Run」

このターン、あなたが次にプレイする“Attack Action card”がヒットした場合、あなたはカードを1枚引く。さらに「Plunder Run」がアーセナルからプレイされた場合、このターンにあなたが次にプレイする“Attack Action”カードは攻撃値「+3」を得る。
「Go again」

「Plunder Run」は、CC構築で禁止カードになっています。

「Plunder Run」は、CC構築で禁止されてるカードなのでBlitz構築の前提になりますが、このカードとの組み合わせは強力。

赤帯「Plunder Run」も、攻撃値「+3」の効果があるから、これで攻撃値「9」になった「Thump」の強さは前述した通り。さらに「Plunder Run」の場合は山札からカードを1枚引けます。

「Smashing Good Time」の“アイテム破壊”も使い所によっては強力ですが、“1ドロー”はどんな場面であっても、おおきなアドバンテージになります。

「Lunging Press」

対象の“Attack Action card”は、攻撃値「+1」を得る。

「Lunging Press」は“Attack Reaction”なので、相手の防御後に使用します。

赤帯「Thump」を打ち、相手が防具などでピッタリ「6」ダメージを防御してきても、「Lunging Press」なら「1」ダメージ貫通してオンヒット!!

ちなみに「Thump」のdominateは、攻撃値が上がったタイミングで付与されます。…が、一度防御されてしまった後に「Lunging Press」などで攻撃値を上げても、相手の防御枚数を減らすことはできません。

  1. 「Thump」を使用→解決
  2. 相手が手札2枚で防御→解決
  3. 「Lunging Press」を使用→解決
  4. 「Thump」の攻撃値が上がり“dominate”と“discard a card”付与。→解決
  5. 相手に防御超過分のダメージ。→解決

※ dominateの効果で本来は1枚でしか防御できないけど、②で解決した内容にさかのぼって、行動を書き換える事はできません。

コンバットチェイン内の順序に注意

参照:FaB Unofficial Academy@ ウィキ

今回の「Thump」以外にも、コンバットチェイン内で特殊な動きをするカード効果はたくさんあります。実際に何度も対戦して徐々にルールに慣れることが、一番納得できる方法だと思います。

難しくってややこしい事かもしれませんが、トラブルを防いで楽しく「FaB」をプレイする知識なので、理解を深めていきましょう。

ジーロン

ルールが不安な人は、フェルトテーブルでAI相手に対戦してみるのがオススメだぞ♪

それじゃまた。ジーロンでした。ばいばい!

気に入ったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です